尿路結石をケア

「療法食」と呼ばれるキャットフードの中には、尿路結石をケアできるようなものもあります。尿路結石は、若い猫から高齢の猫まで、どんな猫でもかかる可能性のある病気。場合によっては、命にかかわるようなこともありますので、決して軽視することができない病気です。
尿路結石を治療する場合は、それ用のキャットフードを利用することとなります。まずは、医療機関で医師の診察を受けてからになりますが、医師の指示を守って食事の用意をしてあげてください。

尿路結石の為のキャットフードには、治療が終了するまで与えることができて、その後は他のものに切り替える必要があるものや、治療中もその後も続けて与えられるものなどがあります。また、このほかにも以前尿路結石を経験した猫が、再びこの病気にならないようにするために作られているキャットフードもあります。

参照ホームページ:最高級キャットフード シンプリー|サーモン50%以上配合で健康的なのにおいしい!
尿路結石にも配慮したキャットフードのECサイトです。

尿路結石は、水分摂取量が少なかったり、太りすぎなどが原因になることも少なくありません。同じように、運動不足のために発症することもありますので、注意するようにしてください。食事については、カロリーの摂りすぎを避けるようにすること。たっぷりと水を用意してあげること。そして、たくさん運動させるようにしましょう。

療法食

キャットフードの中には、健康に何ら問題ない猫ちゃんが食事として食べるようなものもありますが、何らかの病気の治療や改善を目的として作られているようなものもあります。肥満は猫にとっても問題なのですが、ダイエットをサポートするようなキャットフードもあります。食事の量をただ減らしていくのはなんだかかわいそう。そんな時、同じ量でもカロリーが少ないなど、ダイエットがスムーズに進められるようなキャットフードは、猫にとってはもちろん、飼い主さんにとっても嬉しい存在でしょう。他にも、腎臓病をはじめ、腸内環境維持や消化器疾患治療、糖尿病治療などを目的としたキャットフードもあります。こういった治療や改善を目的として作られているものを、「療法食」と呼びます。

療養食を選ぶときも、内容をチェックして安心できるものを選んでください。また、猫の様子がおかしかったり、体調がすぐれないようなときは、一度医療機関に行って診てもらうことも必要です。そして、保存方法も正しく行いましょう。直射日光を避けて温度の高くないところで保存。開封後は、できるだけ早めに食べきるようにしましょう。購入する時は、一度にたくさん買うのではなく、買い足すようにしてください。

いろいろな種類

キャットフードはいくつかの種類があり、それぞれ特徴があります。また、それぞれ保存方法もあり異なっています。ドライタイプのキャットフードは、水分が少なく歯ごたえがある為、猫の歯が汚れにくいといったメリットがあります。多くの場合、猫に必要な栄養素がバランスよく含まれていますので、与えるときは猫の成長などに合わせて計量するだけでOKです。与えるときは、水も用意してあげてください。また、ウェットタイプは、缶詰やパウチになっているものなどです。このタイプは、水分が多いですし柔らかいので猫が食べやすのがメリット。ペースト状になっているものもありますし、素材がゴロゴロとそのままの状態で入っているようなものもあります。また、半生タイプのキャットフードもドライタイプよりも柔らかいので食べやすくできています。

ドライタイプのキャットフードは、先に小分けして封をしておくと、空気に触れないので酸化しにくくてオススメ。直射日光に当たらないように注意して、涼しいところで保存するようにしましょう。またウェットタイプは、どうしても傷みやすいので、開封後は密封できる容器に入れて冷蔵庫で保存するようにしてください。早めに食べさせるようにしましょう。半生タイプも冷蔵庫での保存が必要です。

キャットフードの選び方

猫を飼う場合、キャットフード選びもしっかりとする必要があります。手作りする場合は、猫に与えても良い材料を使い、安全な食材で作るようにしましょう。味は薄味にしましょう。人間の食べる味では、猫には強すぎます。また、栄養バランスのことも考えて作る必要があります。猫に必要な栄養素は、たんぱく質と脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルです。ただし、炭水化物はあまり必要ありません。代わりに、たんぱく質と脂肪の必要量が多めです。水もたっぷりと用意してください。その際、人間用のミネラルウォーターを与えるのはNGです。

市販されているキャットフードであれば、栄養バランスのとれたフードを選ぶことで、しっかりと栄養素を摂ることができます。また、カロリー計算も簡単ですから、計量をきちんと行って与えることができれば、体重が増えすぎるようなこともないでしょう。猫の肥満は、糖尿病などの恐れもあり危険です。また、市販のものであれば何よりキャットフードを作る手間暇を省くこともできます。もし手作りのものを与えたいと思うなら、毎日ではなく一週間に一回といった方法もありオススメです。

キャットフードを選ぶ際は、添加物についてもチェックしてください。「エトキシキン」や「BHA」、「BHT」などの添加物は危険ですので含まれていないものを選ぶようにしましょう。当サイトでは、キャットフードのついて紹介します。是非参考にしてみてください。